ハワイの情報

2012年5月15日 (火)

ハワイアン ジンジャエール

毎週土曜日ハワイ ワイキキのダイヤモンドヘッド麓で開かれる”KCCファマーズマーケット”は、お薦めスポットです。

私は車でしたが、busバスでも行くことは出来ます。オアフ島に行かれたら、早起きして、行く価値は有りますよ!

Kcc

8時30頃到着したら、駐車場が一杯で遠くに車を止めました。少し歩いて入り口に到着です。

Kcc_3

Kcc_6

楽しそうな、日本の方も見かけました。自家製アイスキャンデーのお店sweat02

Kcc_11

緑色の野菜は、塩ゆでしたアスパラです。いなり寿司にも入っていて味のアクセントになっています。

Kcc_14

お目当てのbarジンジャエールのお店を発見!

Kcc_17

長い行列に並んでbarオリジナルジンジャエールとshineマンゴージンジャエールをゲット!

お隣の焼きたてbudハーブピザも購入。

Kcc_19

Kcc_23

最高に美味しいジンジャエールでしたhappy01

続いてハワイ島で養殖されているアワビ(日本のトコブシ位の大きさ)の焼きたてを醤油をかけていただきました。

オノ fish(ハワイ語で美味しい)

Kcc_25

ソーセージのお味もなかなかでした。

皆さんゲットした朝食を芝生の上や縁石に座り、楽しそうに食べておられました。

Kcc_8

Kcc_7

オーガニックのベビーリーフとトウモロコシ、トマトを購入したのですが、写真を撮り忘れました。どれも絶品でしたよcoldsweats01

Kcc_9

他に、焼きたてパンやお花、フルーツ、コーヒー等、新鮮なハワイ産の物を買うことが出来ます。

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!(ハワイ産の野菜に愛を込めて)

|

2012年5月 8日 (火)

クヒオビーチ!

ワイキキのクヒオビーチwaveでは、毎日のようにフラショーが、夕暮れから行われます。

Ole

オレ(ホラ貝)の音色で、ショーがスタートですnote

クプナ(年配者)の味わい深い演奏が、オールドハワイっぽい感じ”

ウリウリが軽快で、浮き浮きした気分になってきました。

Hula

Hula2_3

プイリも格好いい!

Hula_2

お二人のフラは、私の大好きなハワイの大地の暖かさを感じさせるフラですannoy

Hula_7

フィナーレの二人のステップ、息もピッタリheart02

Hula_13 

大満足のハワイの夜でしたmoon3

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!優しい夜に愛を込めて)

|

2012年5月 7日 (月)

ビールで乾杯!

ハワイでは、昼間からアルコール類もOKです。コンドミニアムタイプのホテルなので、先ずは買い出しに出かけました。

ホテルのすぐ近くに、プエオハナカードNo15カマリイワヒネのイメージモデルになっている、カイウラニ王女像があります。ご挨拶をしてから、クヒオ通りのフードパントリー(スーパー)へ向かいました。

Photo

クヒオ通りです。catマキティという人気のバイキング店を発見restaurant

アロハタワーにある人気店の支店です。

St_8

Photo_8
フードパントリーはロコが多く、果物も食品も豊富です。

Photo_11

Photo_17

向かってがアイスクリームやサラダプレート店、が肉および海鮮のプレート店、どちらも手作りで安く、ロコ御用達の美味しい穴場発見!

チジミ風お好み焼きをテイクアウトscissors

Photo_18

部屋に帰って、フルーツ、チーズ、マカデミアナッツ、お好み焼きを魚にビールでbeer乾杯

Photo_21

サンセットの後は、クヒオビーチのフラを観に行きますvirgo

ハワイではハワイの地ビールかアメリカ産が、リーズナブルで美味しいですよbeer

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!(流れている空気に愛を込めて)

 

|

2012年5月 5日 (土)

優しい歓迎!

いつもハワイは、暖かく優しく私を迎えてくれます!

オアフ島、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッド!

Photo

Photo_2

ホテルに着いたらテラスへchick

Photo_4


ハワイの雀ちゃんは、日本の半分位で小さくハワイアンカラーです。

Photo_3

Photo_5

日本からのお土産”コシヒカリ”を早速試食しています。

段々になれて、部屋の中まで入って来るように成りました。ハワイでは、雀までフレンドリーです。

heart04Me Ke Aloha Pumehana!(大好きな鳥達に日本の愛を込めて)

|

2011年2月 5日 (土)

アロハの心!

ホノルルダウンタウンにあるハワイ州立美術館です。

Photo

カラフルなモウ(大トカゲ)が可愛いでしょう annoy

Photo_2

Photo_3

私もモウくんとパチリcamera

ハワイ州立美術館は、見学無料です。平日の午前中だったせいか館内は私達しか居ませんでした。ゆったりとした気持ちで、館内の展示してある絵画等を見て回りボランティアで入り口に座られている上品な老婦人にお礼のご挨拶をして、美術館を出ようとしました。

Photo_4

その時、老婦人前の机に置かれた赤いtulipプルメリアに気づきました。クリスタルの大鉢の溢れんばかりのプルメリアが活けられていたのです。回りが無彩色の中で、ひときわ美しく見えました。

彼女は、私にプルメリアは自宅から今朝摘んできたのだと告げ「欲しいですか?」と私に尋ねました。

私が躊躇していると、2輪のプルメリアの中心の爪楊枝を刺し、virgo私の髪に飾って下さったのです。

「可愛いですよ!」とハワイアンスマイルで一言。

私はこの日が旅の初日だったので、ハワイ滞在中、幸せな気分で過ごす事が出来ました。そして赤いプルメリアは、帰国の日まで、aquariusグラスの中で優しく私を見守ってくれました。

heart04Me Ke Aloha Pumehana!(賞賛の愛を込めて)

|

2011年2月 1日 (火)

ノスタルジックな町:ハワイ島ヒロ

大好きなハワイ島のヒロの町を海側から写しました。

Photo

高い建物はありません。以前は、日系人の繁華街として賑わっていたようですが今はひなびた雰囲気が漂っています。町並みはノスタルジックで懐かしく感じられます。

Photo_5

モウ(とかげ)のタンクトップがハワイっぽいです。

Photo_6

ボトルの色もとってもカラフルshine

Photo_7

空き店や壊れ掛かった店舗もあって心配になりましたが、再開発が計画されていると聞き安心いたしました。

Photo_8

世界中でヒロにしかないhairsalonシグゼーンデザインのアロハウエアのお店”シグゼーン”で自分用とおみやげ品をゲットgood

賑わっていたのは、朝市だけでした。新鮮で安価な地元産lovelyトロピカルフルーツを沢山買って、美味しくいただきました。

heart04Me Ke Aloha Pumehana!(憂いを含む愛を込めて)

|

2010年9月 6日 (月)

食べ物もレインボーカラー!

Photo

ハワイ島ワイメアのスーパーで売られているロールサンドイッチです。オレンジ、ライトグリーン、マスタードとまさにハワイアンカラーのパンですwave

ロールサンドイッチを実際に食べてみました。パンというよりも厚いライスペーパーのような風味で、挟まれているハム、チキン、ツナ、生野菜はたっぷりで美味しかったですdelicious

9_6

クッキーもトロピカルカラー。日本のように人工着色料などは、気にしない大らかさは回りの自然が鮮やかで美しいせいかも知れません。ハワイを訪れると自然イコール:クリアカラーは、ハワイアンの感性だと実感します。

9_7

スーパー全体もheart01風船で彩られ、楽しい気分でお買い物が出来ますよ!

|

2010年8月29日 (日)

ハンドメイド:ハワイアン リボンレイ

友人にハワイアンribbonリボンレイの先生がおります。多くの手法があって魅力は尽きませんが、簡単で、見栄えのする編み方で2つ作りました。同じカギ編みですが、使用した糸が違うだけです。

Photo

フラ用より短めに作りましたtulipレフア レイと私が名付けました。

Photo_2

何にでもあうcloverピカケ レイです。暑い日には、自宅でレイメイキングを楽しんでいます。

プレゼントにも喜ばれますよ。bellクリスマスリースやカーテンのタッセルにするのもお勧めです。頑張れば1日で出来ますよ!

Pk

頂いたピンクのハイビスカス最後の2輪です。1日花なのでもう閉じかかっています。

マハロ(ありがとう)ハイビスカスさんweep

|

2010年7月12日 (月)

コナ・コーヒー&ケアラケクア湾

ハワイ島に行ったら、cafe100パーセントのコナ・コーヒー豆を買いたい!

しかも、自家製農園で作られた現地でしか買えないコーヒー豆を購入したいという希望に燃えてコナコーヒーロード近辺をぐるぐる回り、ようやくあるコーヒー園にたどりつきました。

 Photo

 コーヒー園は、ケアラケクア湾の上に位置します。ケアラケクア湾はハワイ諸島を発見したキャプテン・ジェームズ・クックが不慮の死を遂げた場所です。当時ハワイ諸島はスポンサーのサンドイッチ伯爵の名前から”サンドイッチ諸島と名付けられていました。

キャプテン・クックは1778年1月の幾つかの島影を発見しニイハウ島に上陸。その後他の国を巡りまたサンドイッチ諸島に戻り、1779年1月ハワイ島ケアラケクア湾に上陸します。

その時ハワイ島は、最大のイベント「マカヒキ祭」が行われていました。キャプテン・クックの乗っていた帆船がロノ神の乗り物とそっくりだった為にロノ神と間違われたキャプテン・クックは大歓迎されますが、神でないことがわかると彼が住民に贈呈したナイフで刺されてしまうのです。

ロノ神は『プエオハナカード NO28:LONO:ロノ』に描かれており、ケアラケクア湾はイメージポイントの場所でもあります。この事件はハワイの運命を大きく変えて行く始まりになりました。キャプテン・クックの碑はケアラケクア湾の先端に在ります。

写真はケアラケクア湾を望む”cafeJOEコーヒー園”内にある野外休憩所です。

Joe

コーヒーにお話は戻りますが、100パーセントコナ・コーヒーは素晴らしいですよ!

酸味は殆どなく、ほろ苦さにマイルド&マイルドなハワイの空気のような味がプラスされ、口に含み目を閉じるとハワイ島に戻ることが出来る魔法の飲み物ですtyphoon

豆のままで持ち帰ることをお勧め致します。

|

2010年6月27日 (日)

ハワイ島  コナ国際空港

先日、成田からハワイ島コナへの直行便に初めて搭乗しました。お友達であるフラの先生から「近代的になったわよ!」と聞いていたのですが。

翌朝、ハワイ島の最高峰マウナケア山(標高4205メートル)が雲の上姿を現しました。

Maunakea1_2

まもなくコナへ到着。歩いて空港ビルへ向かいます。
目の前に現れたのは

Konakuukou1_2

白いプラネタリュームのような建物で、中に入ると、近代的にエアコンが効いていました。

「モンゴルのテントみたい」と多くの人がつぶやいているのが聞こえて、空港と言うよりバザールの雰囲気の中、和やかに入国の手続きを終了しました。

|