« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

遅ればせな Mele Kalikimaka (メレ カリキマカ)

メレ カリキマカxmas(ハワイ語:メリークリスマス)

仕事の関係で昨夜birthdayクリスマスを祝いました!

Mele_kalikimaka


14日に星になったchickダイちゃんの大好きなbirthday「セラヴィ」という手作りケーキ店のクリスマスケーキです!

Mele_kalikimaka_2


今年は、私の好きな蟹とエビで作ってみました。蟹甲羅に入ったには、マカロニグラタン、ロブスターは、マッシュポテトとチーズを乗せて焼きました。白ワインと塩でゆでたエビです。

スパークリングワインは、スペインのロゼwineハーフサイズが我が家にはピッタリのようです。

Photo

中学時代からのお友達からの和子さんから自家製の無農薬野菜が送られてきました。瓶に入っているのは、和子さん特製ゆずのゆずジャムです。

パンにつけたり、cafeゆず茶にします。私の冬の必需品です!

毎年送って下って、心より感謝しています。

Photo_5

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!長ーい友情に感謝を込めて)

 

|

2011年12月23日 (金)

200グラムのダイヤモンド!

chickダイちゃん(九官鳥)が、星の世界に旅立ちました。

17歳でした。あるじを失った鳥籠は、ただの空箱になってしまいました。

Photo

1週間が過ぎてようやく、涙することが少なくなってブログを書けるようになったのですが、書いている内に何度も中断しています。

Photo_2

たった200グラムの命ですが、主人と私にとっては、200グラムのannoyダイヤモンドでした。亡くなる前数日間は飛ぶ力を失って、chick家の中で飛び歩きしながら二人の後を追いかけていました。

Aloha ダイちゃん また会いましょうshine

Photo_3

天国で自由に羽ばたいてね!airplane

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!(最大級の愛を込めて)

|

2011年12月10日 (土)

慰労会

先日、水道橋”bottle膳菜屋”に於いて、日本占術協会の各委員会の慰労会が開かれました。

今回からpcインターネット委員会が加わり新しい展開が始まりそうです。

Photo

最初に、11月22日ご逝去されました副会長「ルネ・ヴァンダール先生」に参加者全員の黙祷が捧げされました。ルネ先生は、私の属する学術委員会顧問で直接の統率者でもありました。私には、ダンディなルネ先生のお姿しか浮かばないのですが・・・

Photo_2

副会長:福田有宵先生のご挨拶と

Photo_3

同じく副会長:富塚高史先生のご挨拶があり慰労会がスタート致しました。

出席した学術委員です。右側から牧野先生、秋山先生、肥留川先生、浜野先生、マダム・ベラモンテ先生と私です。今回は、委員長:野路先生と副委員長:佐藤先生、他にも多くの先生方がお仕事などで欠席されて、寂しい限りでした。

Photo_4

翌朝、自宅の玄関前に千両と万両が色づいているのを見つけました。

fuji新しい年が近づいているのですね!

Photo_5

heart04 Me Ke Aloha Pumehana!(悲しみに終わりという愛の訪れることを願って)

|

2011年12月 4日 (日)

初めての平日講座!

プエオハナカード:エカヒ(ファーストステップ)講座を平日に初めて開催いたしました。3月11日の東日本大震災で休日出勤になり、講座を受けられなくなった方の為に企画したのですがその方達は、元の体制に戻って参加出来なくなりました。bearing

Ana

今回の受講生は、2名です。若いパワーに溢れた展開になり、和やかな雰囲気の中で講座を修了致しました。

Ana_2

来年、開催されるプエオハナカード:エルア(セカンドステップ)にも参加の意欲を見せて下さり頼もしい生徒さん達です。最後に、PueoHanaオリジナルスプレッドである”エハースプレッド”で2012年度の運勢を各自リーディングshine

私のアドバイスリーディングに来年への希望の笑顔を見せて下さいました。

Ana_3

birthdayクリスマスリースは、主人がアートフラワー(ドイツ様式)で習得し作ったものです。

今年は、自宅外壁のクリスマスデコレーションは控えようと思っております。

被災された方にも、明るいクリスマスが訪れることをお祈りいたします。

Photo

 heart04 Me Ke Aloha Pumehana(若い息吹に愛を込めて)




|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »