« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月25日 (月)

ハワイアンティ

今日の空は、グレー色で小雨が降っています。こんな日はsunハワイアンティを頂きます。茶名はアーヌエヌエという名前がついています。アーヌエヌエは、ハワイ語で虹という意味です。アラモアナショッピングセンターで購入しました。

Photo

Photo_2

茶葉は、グリーンティ&ウーロンティでフレーバーとしてオレンジフラワー、ローズ、ブルーマロウ、マリーゴールド、コンフリーがブレンドされています。

フルーティで華やかな薫りが南国の雰囲気を彷彿させます。

入院なさっている、親友のM先生にもハワイの薫りを届けたい思いです。私は今、12月4日(土)に行われるプエオハナカード講座用の原稿を書いています。

Photo_3

Photo_4

明日は、31日の文化祭で使用するアンプが届きます。翌日のリハーサルの為に試演奏をしなくてはなりません。

6日後には、文化祭でHui PueoHana(フイプエオハナ:プエオハナ ミニバンド)が演奏しフラを踊ります。

11月3日にもう一つ文化祭があり、それが終了するとほっと致します。punchもう一がんばりです。今回ウクレレの先生がhospital右足を骨折するアクシデントがあり、終わるまで気が抜けませんが、本番には出演いただけそうで一安心致しました。shine

|

2010年10月21日 (木)

第32回:日本占術教会 シンポジウム

10月17日(日)王子:北とぴあに於いて、日本占術教会 シンポジウムが開催されました。今回のテーマは『困難期の今を生きぬくための開運学』です。

佐藤宗眩先生の司会で、スタートしました。ルネ・ ヴァンダール・ワタナベ副会長(下の写真参照)より、開会のご挨拶、学術委員長 野路さくら先生より講演なさる先生方のご紹介がありました。

Photo_2

私は、学術委員で席を外すことが多く全ての先生をcamera写すことが出来ませんでした。下の写真は、最後の講演なさった松岡先生です。

Photo_3

講演内容

『クライアントの現状分析ツールとしてのホロスコープ活用法 』 アイラ・アリス先生

『姓名分析』 三須啓仙先生

『人相学のよる開運』 松岡能子先生

最後に、浅野八郎会長よりお話がありました。

Photo_4

Photo_5

会場外側には、受付や占術協会会員の著書が販売されていました。

今回は、私のハワイアンスピリチュアルカード『PueoHana』プエオハナも販売させて頂きました。購入して下さった皆様ありがとうございます。

Photo_6

Photo_7

私の頼もしい販売協力隊 :親戚のくりえさんとパチリ!

彼女が着用しているTシャツは私がpc転写プリントしました。

下は、wine懇親会で最後まで残られていた学術委員の先生方です。左から、濱野 延珠先生、美和 亜佑美先生、二見 眞有、野路 さくら委員長、久保田 恵都予先生、牧野 朱扇先生です。

Photo_9

Photo_10

懇親会の最後は左から副会長:福田有宵先生、副会長:富塚崇史先生、専務理事:井上陽姿子先生のpaper手締めで、無事終了致しました。全国からお出で下さった300名に及ぶ会員や関係者や先生方、お祝いを頂いた来賓の皆様に心より御礼申し上げます。

|

2010年10月16日 (土)

マウナ アラ:ハワイ王朝廟

オアフ島shineヌアヌ渓谷のふもとに在るMauna Ala(マウナ アラ 芳しき丘 ハワイ王朝廟)です。

1016

Photo

早朝、開門してまもなく訪れました。マウナ アラには、清々しい空気が漂っていました。

10_5

マウナ アラは,ハワイ王国の王族や関係者の霊廟でカメハメハ2世、カメハメハ3世、カメハメハ4世、カメハメハ5世、パウアヒ王女、そして夫君で、ビショップ博物館を作られたビショップ氏等のお墓もありますが、私のハワイ王朝に対する想いからブログにアップするのは、控えさせていただきます。

ビショップ氏は、会計士で王国の経理にも携わっていましたが、ハワイで始めて銀行を開いたことでも知られています。銀行名は、ファーストハワイアン銀行に変わりましたが、今日でも繁栄をしております。

10_7

ハワイ王朝の紋章が門扉に付けられています。紋章の中の二人の王族は、カメハメハ ヌイ(大王)のgemini双子の叔父君です。

ハワイ王国に関心のある方は、一度お参りなさることをお勧めいたします。

10_10

写真はマウナ アラのお隣にある教会の墓地です。駐車させて頂いたのですが、日系人の葬儀が行われていて、参列者に間違われてしましました。案内して頂いた教会の内部は、シンプルでいながら開放的で、南国の教会らしい建物でした。お墓は地中にあるので、飾られている生花がお花畑のように見えました。

|

2010年10月13日 (水)

史跡 湯島聖堂

1010

お茶の水駅:聖橋から見た湯島聖堂。下は聖橋から階段を少し降りた所から写しました。

湯島聖堂は、1690年(元禄3年)の五代将軍綱吉が上野忍ヶ岡にあった孔子廟をこの地に移し、拡大して名前を大成殿と改めて、日本の官学の府としたのが始まりで、建造物の総称を『聖堂』と呼ぶようになりました。その後1797年(寛政9年)に幕府直轄学校、『昌平坂学問所』を開きました。現在も学びの館として使われております。

10102

10104_3

1975年に中国台北市ライオンズ クラブから寄贈された4.75メートルの孔子銅像は世界最大です。

是非、一度ご覧になって下さい。この日は小雨で、孔子先生にお会いしているような錯覚にとらわれました。

下の大成殿(孔子廟)には、孔子像の他に、孟子、顔子、曽子、子思(孔子の孫)が祀られています。

10104

10105_2  

10106_2   

10107 

10108

湯島聖堂で日本占術協会副会長の福田有宵先生より易学師範科講座を受けております。私が学ばせて頂いているお教室です。全国から高名な先生方が講義を受けにいらっしゃいます。私は、入れて頂けた幸運に感謝しております。

髙い天井を写したところ、多くのオーブが写っておりました。

|

2010年10月 8日 (金)

アロハ ダイちゃん15歳!

ダイちゃんとは、我が家のchick九官鳥の名前です:オス:15歳。男の子なので、女性が大好きで、特に若い女性の訪問者には、よくおしゃべりをします。

108

年賀状には、その年の干支の置物とセットで載せておりますがじっとしていないので写すのも苦労しています。coldsweats02

108_3

声は5歳くらいの幼児の声です。わたしが教えたのでそっくりと良く言われます。 happy01 アロハ、サンキュー、オハヨウ、ダイチャン、ハーイ、ワカッタ、スキヨ、ETC・・・。状況にピッタリの言葉をおしゃべりします!

108_4

リビングを飛び回っていますが、家の中では一番高い”カーテンレールの上”がお気に入りです。呼べば何処でも飛んできますが、わたしの腕が一番安心できるようです。鳥専門の女医さんに長生きだと関心されています。長生きしてね!

Photo

|

2010年10月 3日 (日)

 『プエオハナカード』の講演会を致しました

主人と関連のある飛田建設が講演会用パネルを作って下さいました。有り難うございます。感激ですshine

101

未来ビジネス研究会には、飛田建設がデザインしたsunロゴマークが贈呈されました。夢のある未来を感じさせる素敵なロゴです。

1012

未来ビジネス研究会の副会長よりご挨拶があり、私の講演が始まりました。

1014

1013_2

長時間になる為に、着席のままで講演させて頂きました。

その後、プエオハナカード のスプレッドで5名の方を鑑定を致しました。

101_2

占いは初めての方が2名程おられましたが、鑑定後に笑顔を見せて頂き、私まで幸せな気分になることが出来ました。心より感謝いたします。

1016_2

1017

お食事の後で、飛田建設:飛田専務と二人のギター&ウクレレでハワイアンソングを歌いました。

彼のギター演奏はプロ並みですが、私は素人芸です。拍手を頂き申し分けありません。

最後につたないフラですが、プエオハナカードと繋がるハワイの雰囲気をお伝えしたいという思いで踊らせて頂きました。

お忙しい中、お集まり下さった皆様にマハロ ヌイ ロア!(本当に有り難うございました。)

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »