« プエオハナ(ハワイのマジックふくろう)からのお願い | トップページ | 『セラピスト 8月号』で紹介されました! »

2010年7月12日 (月)

コナ・コーヒー&ケアラケクア湾

ハワイ島に行ったら、cafe100パーセントのコナ・コーヒー豆を買いたい!

しかも、自家製農園で作られた現地でしか買えないコーヒー豆を購入したいという希望に燃えてコナコーヒーロード近辺をぐるぐる回り、ようやくあるコーヒー園にたどりつきました。

 Photo

 コーヒー園は、ケアラケクア湾の上に位置します。ケアラケクア湾はハワイ諸島を発見したキャプテン・ジェームズ・クックが不慮の死を遂げた場所です。当時ハワイ諸島はスポンサーのサンドイッチ伯爵の名前から”サンドイッチ諸島と名付けられていました。

キャプテン・クックは1778年1月の幾つかの島影を発見しニイハウ島に上陸。その後他の国を巡りまたサンドイッチ諸島に戻り、1779年1月ハワイ島ケアラケクア湾に上陸します。

その時ハワイ島は、最大のイベント「マカヒキ祭」が行われていました。キャプテン・クックの乗っていた帆船がロノ神の乗り物とそっくりだった為にロノ神と間違われたキャプテン・クックは大歓迎されますが、神でないことがわかると彼が住民に贈呈したナイフで刺されてしまうのです。

ロノ神は『プエオハナカード NO28:LONO:ロノ』に描かれており、ケアラケクア湾はイメージポイントの場所でもあります。この事件はハワイの運命を大きく変えて行く始まりになりました。キャプテン・クックの碑はケアラケクア湾の先端に在ります。

写真はケアラケクア湾を望む”cafeJOEコーヒー園”内にある野外休憩所です。

Joe

コーヒーにお話は戻りますが、100パーセントコナ・コーヒーは素晴らしいですよ!

酸味は殆どなく、ほろ苦さにマイルド&マイルドなハワイの空気のような味がプラスされ、口に含み目を閉じるとハワイ島に戻ることが出来る魔法の飲み物ですtyphoon

豆のままで持ち帰ることをお勧め致します。

|

« プエオハナ(ハワイのマジックふくろう)からのお願い | トップページ | 『セラピスト 8月号』で紹介されました! »